WEBサイトの受注モデルとは

検索、リスティング広告、Facebook、Twitter、紹介・・・など、WEBサイトへのアクセスの経路は様々です。
また同様にWEBサイトにアクセスしてくるユーザーニーズも様々です。
アクセスしてくるユーザーニーズが違えば、伝えるメッセージも違うはずです。

様々なニーズのアクセスを、WEBサイト上で上手に交通整理し、それぞれのニーズに合った内容を見せることで成約率が高くなります。

検索キーワードをベースにどういったニーズがあるかを考え、そのニーズに応じた売り方を考えるのが受注モデルです。
WEBサイトへのアクセスを、ニーズごとに分類・整理し、それぞれのニーズに沿ったコンテンツへ誘導することで成約率を高めます。

受注モデルとは

それぞれのニーズに合った内容を作るには、まずはユーザーのニーズを整理する必要があります。
そのために、検索キーワードを調査し、そこからユーザーニーズを探りだして行きます。
こうしてユーザーニーズを導き出したら、各ニーズごとに伝えるべき内容を作成し、そしてそのニーズに対応したクロージング方法を考えます。

これがあなたのWEBサイト独自の受注モデルになります。
このようにして考えた受注モデルは、ユーザーニーズをベースにして作られていますので、成約率の高いものになります。

様々な顧客ニーズ
メルマガ登録 メルマガ登録