gnav

アクセス解析

  •  > 
  •  > 
  •  > 
  • アクセス解析
  • 重要なのは、分析しすぎないということです

    現在運営しているWEBサイトのアクセス状況を把握するのに、最も適している解析手法の一つです。当社では主にGoogleアナリティクスを用いた解析を行っています。そのためGoogleアナリティクスのタグがサイトに設置されている必要があります。

    WEBサイトは何か目的があり運営されているはずです。その目的を達成するためにアクセス解析を行います。アクセス解析でサイトの現状を把握し、どこに課題があるのかを発見し、改善策を見つけていきます。解析しても実際に改善策を実施しなければ意味がありません。アクセス解析は改善を実施するためにあるということを忘れてはいけません。

    アクセス解析の方法論については、それこそ大量の書籍やWEBサイトで解説されていますので、ここでの細かい説明はいたしません。解析をする際には注意をしていただきたい点があります。それは、Googleアナリティクスを使うと細かいデータが取得でき、解析できる項目が多岐に渡るため、不必要な分析まで行いがちですが、どこまで分析をするかをしっかり見極めるという点です。時間も費用も有限ですから、ポイントを押さえた分析を心がけてください。

    アクセス解析を行う上で注意すること

    ポイントを押さえた分析に必要なのが、分けて考える、ということです。そのため、「何のために、どう分けるか」が重要で、そこにアナリストの経験が活かされます。分けて分析することにより、その個々のセグメントに対して、効果のある改善ができなければ意味がありません。こう分けることにより、このような施策がとれるはずだ、と仮説を持って分析をしていきます。

    トップに戻る