gnav

企画・コンテンツ作成

  •  > 
  •  > 

  • ユーザーニーズごとにコンテンツを企画する

    第1フェーズの調査・分析に基づき、あなたの会社が狙うユーザーをモデル化します。
    ユーザーをモデル化できたら、次にそのユーザーが何を求めているかを考えて必要なコンテンツを企画します。

    例えばチーズケーキを探しているユーザーの中でも、濃厚な味のケーキを探している人と健康に留意している人、手土産用のケーキを探している人とでは、チーズケーキに求めるニーズが違います。
    それらのユーザーニーズを整理し、それぞれのユーザーに必要なコンテンツは何かを考えるのです。

    コンテンツは財産になる

    作成したコンテンツはWEBサイトで使うだけではありません。商品カタログ、会社案内、チラシなどの広告媒体や営業ツールなど、様々な使い道があります。
    コンテンツはあなたの会社からユーザーに向けたメッセージです。何を伝えればユーザーの心は動くのか、ユーザーが必要とするコンテンツを作成しましょう。
    優れたコンテンツは、あなたの会社の財産になるのです。

    WEBコンテンツは3タイプで考える

    WEBサイトに掲載するコンテンツは3タイプにわけて考えてみましょう。

    1.キラー・コンテンツ

    ユーザーがあなたの商品を購入する際の決め手となるコンテンツです。
    あなたの商品が競合と比べてどこが違い、何がいいのかを解説します。

    2.ガイダンス・コンテンツ

    商品を選ぶときのチェックポイントや使い方、選び方など商品に関する案内役を果たすコンテンツです。

    3.基礎コンテンツ

    商品や業界の基礎知識やノウハウ、用語集など、主にWEBサイトにアクセスを呼び込むためのコンテンツです。

    これらのコンテンツの中で一番重要なのは、キラーコンテンツです。
    このコンテンツこそが、競合商品でなく、あなたの会社の商品を買う理由を説明しているものだからです。このキラーコンテンツは十分に時間をかけて内容を練って下さい。

    トップに戻る